オンライン・ギャンブルについて知っておくべき5つの事実

規制当局は以前にも増して厳しく、洞察力に富んでおり、厳しい態度で臨んでいます。以下は、あなたが始める前に知っておくべきいくつかの事実です。ゲームを成功させるには、オンラインギャンブルサイトの規則と規制について学ぶ必要があります。

合法性

オンラインゲームやギャンブルの合法性については、その国のゲーム法に明確に記載されている必要があります。しかし、オンラインゲームとギャンブルを別物として扱うべきかの判断は、司法によって異なるアプローチがとられ、複雑化しています。本稿では、オンラインゲームとギャンブルに関する様々な司法判断を分析し、これらの行為を合法化する際の問題点や要件について考察することで、合法性の問題を解決することを目的とする。

規制について

オンライン・ギャンブルの規制の枠組みは、未成年の賭博の可能性からプレイヤーを保護することを含まなければなりません。規制されているサイトの大半は、完全に安全に利用でき、関連する法律も遵守しています。それにもかかわらず、一部の不正なサイトが存在することは懸念されます。オンラインギャンブル規制の目的はプレイヤーを保護することですが、プレイヤーを保護できるのは、合法的なサイトを利用した場合のみです。この記事では、オンライン・ギャンブル規制の主要な問題点と特徴を探ります。

影響

最近のある研究では、COVID-19がギャンブル行動に与える影響を調査し、オンライン・ギャンブルは、陸上のギャンブルよりも普及していることがわかりました。また、ギャンブラーは、平常時よりも緊急時にギャンブルをする傾向があることがわかりました。しかし、この研究は最近のギャンブラーしか対象にしていない。今後のフォローアップ研究では、異なる募集方法とデータ収集方法を検討する必要があります。また、ソーシャルネットワークの役割や、オンラインギャンブルのための新しいソーシャルメディアサイトの出現についても、研究者は調査する必要があります。

クーリングオフ期間

オランダ政府は10月に72時間のクーリングオフ期間を導入したが、PokerStarsのような大手オンラインギャンブル企業の立ち上げを阻止するには不十分だった。政府は今回、すべての金融機関にも、その顧客に対して同様の要件を実施するよう通達した。HSBCが開始した新しい取り組みは、口座をロックダウンするギャンブラーをターゲットにしています。同銀行によると、この動きは10月のギャンブルの増加に対応するものです。ギャンブル中毒の問題に対処するため、2020年に支出ブロックが開始される予定です。

プリペイドカード

多くのオンラインカジノでは、ギャンブルの取引にプリペイドカードを利用することができます。これらのカードは、オンラインゲームでの支払いに安全でプライベートな手段を提供するため、オンラインギャンブラーに人気のある選択肢です。また、処理手数料が安い、詐欺のリスクがない、クレジットカード手数料がゼロであるなど、これらのカードを使用する多くの利点があります。また、多くのプリペイドカード事業者は、カスタマー・サービス・ラインを設けており、各プリペイドカードの決済ページ、カード裏面、またはサービス事業者のウェブサイトに記載されています。

適用範囲

オンライン・ギャンブルのマーケティング活動の合法性に関して、州法はしばしば矛盾しています。この種の活動に関する州法の規制範囲は、メッセージの配信に使用される媒体と同様に、さまざまです。さまざまな州政府がオンラインギャンブルに影響を与える法律を制定していますが、それらの法律の有効性には疑問があります。商取引条項は、州間の商取引に影響を与える州法を制限していますが、そのような規制が憲法修正第1条に準拠していることを確認することも同様に重要です。

コスト

オンライン・ギャンブルのコストは、従来のカジノよりもかなり低くなっています。実店舗のカジノに行くと高額になりますが、オンラインでは10ドルや20ドルでギャンブルをすることができます。また、デポジットをする必要がないため、旅費も節約できます。また、オンラインカジノでは、最低入金額も設定されており、アメリカのファンタジーフットボール賭博の場合、5ドルとなっています。さらに、最低入金額の設定がないカジノもあり、一般の人にとってもオンライン・ギャンブルは魅力的な選択肢となっています。